日本女子大学 文化学科ナビゲータ

オタク文化は、1970年代の後半に誕生した日本独...

先生のコメント

オタク文化は、1970年代の後半に誕生した日本独自のポップカルチャーです。この裾野は広く、いまやアニメオタクや軍事オタク、鉄道オタクばかりではなく、アイドルややおい、BLまでも含み、女性たちも堂々と自分を「オタク」と自称するようになりました。「表象文化論」という科目において、1980年代から現代にいたるまでの日本のポップカルチャーを研究するなど、文化学科はオタク文化が研究できる場となっています。とくに異性に気兼ねなく、率直に自分のオタク的傾向(腐女子性)を考察できるところは、女子大ならではの利点です。文化学科の特徴を活かして、フランスやアメリカ合衆国などでのオタク文化受容の状況を研究したり、そうした異文化受容と日本での受容のされ方の違いを比較研究することもできます。あるいは、現代美術の諸作品に入り込んだオタク文化的特徴を解きほぐしたりすることも、美術史を専門とする教員たちから指導を受けることのできる文化学科らしい研究になることでしょう。

主な教員:三田明弘 木村覚

主な科目:「表象文化論」「現代アジア文化論」など